Air Show

Singapore Air Show 2020

2020年2月11日から、シンガポール・チャンギ国際空港に隣接した会場で、2年に1度のSingapore Air Show 2020が開催されました。アジア最大の航空宇宙ショーとして知られるシンガポールのショーですが、今回は新型コロナウイルスの感染拡大で規模を縮小しての開催となりました。参加企業や展示機にも出展・展示を見送る企業も複数でて、最終的には45か国、930社の参加となりました(前回、2018年は50か国、1,000社以上)。

一方では日本から三菱航空機、川崎重工業、スバル、旭金属工業、ホンダジェット(米国)などが参加、ベル‐スバルの最新ヘリコプター、Bell412EPXが実機展示されました。また、東京都(TMAN)、愛知県、長野県、石川県、島根県などから自治体やクラスターが参加しました。

Bell-Subaru 412EPX N412FW

Bell412EPIをベースにBellとスバルが共同開発、既に警察庁からも受注している。同機は陸上自衛隊の新多用途ヘリコプターのプラットフォームでもあり、昨年2月末に試作機が納入されている。

Bell-Subaru 412EPX

RSAF Airbus A330-243MRTT 760

シンガポール空軍が2018年夏から導入しているA330MRTT(Multi Role Tanker Transport)。現在、5機が運用されている。同型機の空中給油システムはコブハム(Cobham Mission Systems Division)が製造しているが、シンガポール空軍は、A3R(Automatic Air-to-Air Refuelling )等を搭載した「スマートMRTT」開発で協力することをエアバスとMoUを締結した(2020年2月12日)

RSAF Airbus A330MRTT

三菱航空機 Space Jet M90

三菱航空機では2019年のパリ・エアショーに展示したM90のモックアップを展示した。ビジネスクラスとエコノミークラスの双方が設置されているが、ビジネスクラスからエコノミークラスに変わる部分のビンが微妙にカーブしているところが面白い。

三菱航空機 Space Jet
Space Jetのキャビン

Airbus 「MAVERIC」と「E-FanX」

エアバスは、将来のBWBのコンセプトである「MAVERIC:Model Aircraft for Validation and Experimentation of Robust Innovative Controls」と、2MWの電動推進システムを搭載したデモ機である「E-FanX」もモデルを展示

Airbusの「MAVERIC」、「E-FanX」のモデル

Neo Aeronautics UAM

シンガポールのベンチャー、Neo Aeronauticsが開発中のマルチロータ型のUAM(1人乗りで、モータ8基、機体はコンポジット製)。ただし、UAM(Urban Air Mobility)と言っているが、当面は米国でPart103(レジャー用でウルトラライトプレーンのセグメント)での運用を目指している。シンガポールで開発しているが、実証は米国で行う計画である。

Neo AeronauticsのUAM

Dubai Air Show 2019

Dubai Air Showは、2019年11月17日〜21日まで、ドバイ中心地から車で1時間弱にある新空港「アール・マクトゥーム」ドバイ・ワールド・セントラル空港)で開催されました。

会場で発表された航空機受注を中心とした契約額は545億ドル(主な民航機受注は360機)、前回2017年の1,138億ドルの半分以下でした。

 これは、世界的な新規航空機需要の波が一段落しつつある時期であることや、米中貿易摩擦等の世界経済への影響などが背景にあると考えられます。さらに、民航機セグメントで、機数ベースでは最大の小型機セグメントで、ボーイング737MAXの運航停止が続き、ボーイングの受注が前回と比べて大幅に落ち込んだことが大きな要因となりました。

Boeing 787-9 「Dream Take Flight」N1015B

従業員コミュニティ・ファンド、「Employees Community Fund of Boeing」のプロモーション・スペシャルカラー機。カラフルな塗装は、特殊なフィルムシートを貼ったもの。機体はこの後、バングラデシュ・ビマン航空に売却されました。

Boeing DTM M

787DTF F S

Boeing / Aurora Flight Sciences 

PAV(Personal Air Vehicle)

Boeing傘下となった Aurora Flight Sciences のPAV。2席のフル電動のプロトタイプ機で航続距離は約80km。リフト・アンド・クルーズ方式で、垂直離着陸用電動推進機が6基、巡航飛行用の電動推進機が1基。モーターはカリフォルニア州CamarilloにあるMAGicALL製。

Boeing PAV M

Boeing PAV 「空飛ぶ自動車」

Boeing PAV5 M

Hoversurf S3 (Dubai Police)

Hoversurfは、ロシアのMIG(Mikoyan Design Bureau)のGeneral Designerで、ミグ29、スホーイ27/35/37の設計開発に関わったVradimir Barkovskyを中心に空飛ぶバイクを開発している企業。

Hoversurf S3は、機体重量は114kg(コンポジット製)で、最高速度は時速96km、パイロット操縦、自動離着陸、リモートコントロールによる運用が可能とのこと。ドバイポリスでは、2020年から運用を開始する計画です。HF M

Hf2 M

Saudi Arabian Airlines Boeing787-10 HZ-AR25

サウジアラビア航空の最新フリート、787-10。中東地域では同型機の最初のオペレータ。コンパーメント・タイプのビジネスクラスはフルフラット、液晶ディスプレイも大きめなものが装備されています。

SV787-10

SV787機内

Zeva Aero 「Zero」コンセプト(模型)

Zeva Aeroは2017年に設立されたスタートアップ企業で、BoeingのGo Flyにも参加。テイルシッター型のeVTOL機で、基本仕様は、フル電動、1人乗り、航続距離: 50マイル(約80km)、飛行速度: 160mph(約285km)。

Zero M

https://www.zevaaero.com/

Air Show China 2018

2018年 11月6日~11日にかけて、中国・ 珠海で開催された「China International Aviation & Aerospace Exhibition」、通称「Air Show China 2018」のご紹介です。

「Air Show China 2018」には20カ国、763機関/社が参加、うち約2/3は中国の機関/企業。その他、ロシア、アメリカ、ドイツ、フランス、カナダ、韓国、香港、台湾などが参加した。

AVIC COMAC(Commercial Aircraft Corporation of China, Ltd)が開発、2008年11月に初飛行、2016年6月に成都航空(Chengdu Airlines)に就航したリージョナル、ARJ21は、成都航空とともにジンギスカン航空、ウルムチ航空向けの機体が展示された。それぞれ25機、20機のARJ-21を発注している。

COMAC ARJ21-700 Chengdu Airlines B-3328

COMAC ARJ21-700 Genghis Khan Airlines B-001R

COMAC ARJ21-700 Urumqi Air B-001R

中ロ共同開発の中型機、CR929 の実物大モックアップは今回が初公開

初参加のEhang216、パッセンジャー・ドローンは自動操縦を前提としている

CETCA(China Electronics Technology Avionics) は、キャビン向けのユーザエクスペリエンス・アプリを展示、2019年から中国国内で試験運用を開始する

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close